東銀座治療院

ホーム > 当院治療方針

こころ鍼 cocorohari

当院治療方針

鍼は痛いという先入観をなくしたい

鍼というと痛いものと、ほとんどの方が連想されます。
当院では、患者さんに苦痛を与えずに病を治すことを第一に考えています。基本的に、治療による痛みはありません。
鍼の効果で気血の流れが改善されることにより治療が終わった後多くの患者さんが「身体がぽかぽかして気持ちがいい」
と、おっしゃいますし、治療中に眠ってしまう方も少なくありません。
鍼は痛いものではなく、むしろ気持ちのいいものです。

診療室

リラックスして治療を受けていただくために

当院には2床の独立した治療ブースがあります。1回の治療時間は約1時間弱です。その間は、基本的には1対1の治療で、掛け持ちでの治療はおこないません。
これは、治療時間内は、患者さんに充分にリラックスしていただきたいとの思いと、あわせて術者と患者さんとのコミュニケーションを大切にしたいという考えからです。(但し、ご夫婦やお友達など、遠方よりの二人連れの患者さんの場合は、その限りではありません。約15分ずらしての治療も可能です。一緒にいらして一緒に帰れます)

清潔で、快適な、治療環境づくり

気持ちよく治療を受けていただくために、
清潔で、気持ちのいい治療環境づくりを、こころがけています。
プライバシーを重視したブースに加え、LEDによる目に優しい間接照明やBGMなどにも工夫を。また、女性の患者さん専用の患者着も用意しました。
もちろん、感染症予防のため、すべて使い捨ての鍼を使っています。

何でも、遠慮なく相談してください

病気のこと、身体のこと、食事のこと・・・その他、気になること。
病院のお医者さんにはなんだか相談しにくい
あるいは、相談しようにも診察時間が限られていたりする。
そうした患者さんの悩みに、気軽に向き合ってあげることも鍼灸師の大切な仕事だと思っています。
鍼灸師は医者ではありませんが、できる範囲で、わかる範囲で、お答えいたしたいと思います。ご遠慮なく、どうぞ。

▲このページのトップに戻る▲